ページの先頭です

自立支援医療の給付

[2012年4月1日]

自立支援医療(育成医療・更生医療・精神通院)の給付

自立支援医療(育成医療)の給付

 満18歳未満の児童で、身体上の障害を有する児童又は現在患っている疾患を放置することにより、将来において障害を残すと認められる方を対象として、確実な治療の効果が期待できる医療費の給付を行います。

 ※指定自立支援医療(育成医療)機関での医療費に限ります。

対象となる障害

1. 視覚障害によるもの

2. 聴覚、平衡機能障害によるもの

3. 音声機能、言語機能又はそしゃく機能の障害によるもの

4. 肢体不自由によるもの

5. 心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう若しくは直腸、小腸又は肝臓の機能の障害によるもの

ア 手術により、将来、生活能力を維持できる状態のものに限ることとし、いわゆる内科的治療のみのものは 除きます。

イ 腎臓機能障害に対する人工透析療法、腎移植術後の抗免疫療法、小腸機能障害に対する中心静脈栄養法、心臓機能障害に対する心移植術後の抗免疫療法及び肝臓機能障害に対する肝臓移植後の抗免疫療法については、それらに伴う医療についても対象となります。

6. 先天性の内臓の機能障害によるもの(5.に掲げるものを除きます。)

手術により、将来、生活能力を維持できる状態のものに限ることとし、いわゆる内科的治療のみのものは除きます。

7. ヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫の機能の障害によるもの

自己負担

定率1割負担ですが、非課税世帯の人、または高額治療者には上限が設定されます。また、高額治療継続者でない一定所得以上の方は該当しません。入院時の食事療養費は別途必要になります。

窓口

稲美町役場 健康福祉課 高年障害係

自立支援医療(更生医療)の給付

 障害を除去または軽減し、生活能力の向上や社会活動を容易にするための医療を指定医療機関で行い、その医療費の一部を助成します。

※医療内容が手帳の障害名・部位と一致していなければなりません。

対象者

 身体障害者手帳の交付を受けている18歳以上の人

自己負担

 定率1割負担ですが、非課税世帯の人、または高額治療継続者には上限が設定されます。また、高額治療継続者でない一定所得以上の方は該当しません。

窓口

 稲美町役場 健康福祉課 高年障害係

自立支援医療(精神通院)の給付

 精神に病気を持つ人の指定医療機関の通院にかかる医療費の一部を助成します。

対象者

 精神科医療を継続して必要とする人

自己負担

 定率1割負担ですが、非課税世帯の人、または高額治療継続者には上限が設定されます。また、高額治療継続者でない一定所得以上の方は該当しません。

窓口

 稲美町役場 健康福祉課 高年障害係

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

稲美町 健康福祉部 健康福祉課
電話: (高年障害係)079-492-9137 ファックス: 079-492-8030
E-mail: kenko-h@town.hyogo-inami.lg.jp