ページの先頭です

ヘルプカードについて

[2017年7月25日]

ヘルプカードについて

 ヘルプカードは、障がいのある方や高齢の方など、周囲からの支援や配慮が必要な方が身に着けておくことで、災害時や日常生活の中で困ったときに、周囲に必要な支援や配慮を伝えるためのものです。

 名前や住所のほか、本人の特性や緊急連絡先、医療に関する情報などの伝えたいことを、必要に応じて自由に記入できます。

 障がいのある方向けと高齢の方向けの2種類のカードを作成しました。カラーで印刷し、使用目的に合ったものをお使いください。 

 それぞれ記載面が4面あり、折りたたむとカードほどの大きさになります。

 下記のヘルプカードのデータのほか、健康福祉課窓口にて印刷したものを配布します。

対象者

障害のある方や高齢の方など、周囲の人の支援や配慮が必要な方

ヘルプカード配布データ

ヘルプマークとは

ヘルプマーク

 ヘルプマークは、周囲からの支援が必要な方のためのシンボルマークで、障がいの有無にかかわらず、支援や配慮が必要なことを示しています。
ヘルプマークは東京都により商標登録されています。
支援や配慮が必要な人がいることへの気づきや、思いやりのある行動を促進するため、ヘルプカードの表面にヘルプマークを掲載しています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

稲美町 健康福祉部 健康福祉課
電話: (高年障害係)079-492-9137 ファックス: 079-492-8030