ページの先頭です

生活支援サービス

[2016年11月25日]

生活支援サービスの種類

  1. 「食」の自立支援事業(配食サービス)
  2. 寝具洗濯サービス
  3. 訪問理美容サービス
  4. 生活管理指導ショートステイ
  5. 養護老人ホーム入所
  6. 住宅改造の助成
  7. はり・灸・マッサージ施術費助成
  8. 高齢者優待利用券(バス・タクシー券)交付

1.「食」の自立支援事業(配食サービス)

 高齢者等の食生活の自立を支えるために、調理が困難な高齢者や障害者宅に栄養バランスのとれた食事(昼食)を届けるとともに安否確認を行います。

1.対象となる人

  • おおむね65歳以上の単身世帯
  • おおむね65歳以上の人のみの世帯
  • 身体障害者手帳1、2級又は療育手帳A判定を受けている単身世帯
  • 身体障害者手帳1、2級又は療育手帳A判定を受けている人のみの世帯
  • 身体障害者手帳1、2級又は療育手帳A判定を受けている人とおおむね65歳以上の人のみの世帯

 ※上記のいずれかに該当し、町民税非課税世帯の人で、食生活の自立支援が必要な人

2.利用料 1食あたり300円

3.実施日 月曜日~土曜日(日曜日、年末・年始は休み)

4.実施先 デイサービスセンターJAはなかご(電話:079-496-5557)

2.寝具洗濯サービス

寝具等の衛生管理が困難な高齢者や障害者宅の寝具を回収し、丸洗い及び乾燥を行います。

1.対象となる人

  • おおむね65歳以上の単身世帯
  • おおむね65歳以上の人のみの世帯
  • 身体障害者手帳1、2級又は療育手帳A判定を受けている単身世帯
  • 身体障害者手帳1、2級又は療育手帳A判定を受けている人のみの世帯
  • 身体障害者手帳1、2級又は療育手帳A判定を受けている人とおおむね65歳以上の人のみの世帯

 ※上記のいずれかに該当し、町民税非課税世帯の人で、寝具等の衛生管理が困難な人

2.実施月 6月、10月及び希望される月で、年3回を限度

3.利用料 

寝具洗濯サービス利用料(1枚あたり)
種別綿・化繊羊毛羽毛
掛布団シングル390円450円560円
ダブル450円510円620円
肌掛布団シングル150円220円280円
ダブル170円280円340円
敷布団シングル340円400円510円
ダブル390円450円560円
毛布シングル130円130円-
ダブル170円170円-

 

4.実施先 稲美町社会福祉協議会(電話:079-492-8668)

3.訪問理美容サービス

 寝たきりなどで理美容院へ行くことが困難な高齢者や重度障害者の方に理美容師が家庭を訪問し、理美容サービスを行ないます。

1.対象となる人

  • おおむね65歳以上の単身世帯
  • おおむね65歳以上の人のみの世帯
  • 身体障害者手帳1、2級又は療育手帳A判定を受けている単身世帯
  • 身体障害者手帳1、2級又は療育手帳A判定を受けている人のみの世帯
  • 身体障害者手帳1、2級又は療育手帳A判定を受けている人とおおむね65歳以上の人のみの世帯

 ※上記のいずれかに該当し、町民税非課税世帯の方で、外出が困難な人

2.利用料

  • カット 1,000円
  • シャンプー 1,000円
  • 顔そり 500円

4.生活管理指導ショートステイ

 要介護状態への進行を予防するため、老人ホームなどへの短期間の宿泊により日常生活に対する指導及び支援を行ないます。

1.対象となる人

 おおむね60歳以上のひとり暮らし高齢者等で、介護保険制度で『非該当』と判定された日常生活に支援の必要な人

2.利用料 1日あたり1,500円

3.施設 介護老人福祉施設 稲美苑(電話:079-492-7602)

5.養護老人ホーム入所

 おおむね65歳以上で、環境上の理由及び経済的な理由により、家庭での生活が困難な高齢者が入所する施設です。

※家族状況、所得状況により制限があります。

6.住宅改造の助成

 日常生活をおくるのに支障がある高齢者及び心身障害者が、住み慣れた住宅で安心して健やかな生活がおくれるように、住宅の改造に要する費用を助成します。

1.対象となる人

  •  介護保険制度の要介護認定または要支援認定を受けた人
  •  身体障害者手帳の交付を受けた人
  •  療育手帳の交付を受けた人

2.助成対象改造箇所および対象工事限度額

  • 浴室および洗面所 450,000円
  • トイレ 240,000円
  • 玄関 180,000円
  • 廊下および階段 160,000円
  • 居室 190,000円
  • 台所 160,000円

 ※ただし、上記の限度額の合計が100万円を超えた場合、対象経費は100万円となります。

3.助成率

  • 生活保護法による被保護世帯 10分の10
  • 生計中心者が当該年度分町民税非課税の世帯 10分の9
  • 生計中心者が前年分所得税非課税で当該年度分町民税均等割のみ課税の世帯 10分の9
  • 生計中心者が前年分所得税非課税で当該年度分町民税所得割及び均等割課税の世帯 3分の2
  • 生計中心者が前年分所得税課税の世帯(所得税額70,000円以下の世帯) 2分の1

     生計中心者が給与収入のみの者で前年分の給与収入金額が、8,000,000円以下の世帯

     生計中心者が給与収入のみ以外の者で前年分の所得金額が、6,000,000円以下の世帯

  • 生計中心者が前年分所得税課税の世帯(所得税額70,000円を超える世帯) 3分の1

       生計中心者が給与収入のみの者で前年分の給与収入金額が、8,000,000円以下の世帯

     生計中心者が給与収入のみ以外の者で前年分の所得金額が、6,000,000円以下の世帯    

4.申請に必要な書類

  • 住宅改造助成申請書
  • 住宅改造工事計画書(工事前・後の図面)
  • 工事見積書(対象工事分)
  • 工事承諾書(借家に居住されている人)
  • 改造予定箇所の写真(日付入り)

 ※工事完了後の助成はできませんので、必ず工事計画時にご相談ください。

7.はり・灸・マッサージ施術費助成

 65歳以上の高齢者に、医療保険の適用しない、はり・灸・マッサージなどに要する施術費の一部を助成します。

助成内容 1回につき1,000円の助成券を支給(年間12枚)

8.高齢者優待利用券(バス・タクシー券)交付

 町民税非課税世帯の65歳以上の高齢者で、自動車等の外出の交通手段のない人にバス及びタクシー料金の一部を助成します。

1.助成内容 1カ月分として次のいずれかの券を交付します。

2.バス回数乗車券 1冊 1,320円分

3.中型車初乗券 650円分 4枚

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

稲美町 健康福祉部 健康福祉課
電話: (高年障害係)079-492-9137 ファックス: 079-492-8030
E-mail: kenko-h@town.hyogo-inami.lg.jp

生活支援サービスへの別ルート