ページの先頭です

腸管出血性大腸菌感染症(O157等)に注意しましょう!

[2017年6月19日]

腸管出血性大腸菌感染症の特徴

 気温が上昇する夏場を迎え、腸管出血性大腸菌による感染症・食中毒の集団発生が危惧されます。
 大腸菌は、家畜や人の腸内にも存在します。ほとんどのものは無害ですが、このうちいくつかのものは、下痢などを起こすものがあり、病原大腸菌と呼ばれています。
 その中には、ベロ毒素を産出し、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こす腸管出血性大腸菌と呼ばれるものがあります。代表的なO157の他にO26やO111等が知られています。

予防のための対策

 腸管出血性大腸菌の食中毒を予防するためには、生肉を使った肉料理を避けることや、肉の中心部まで十分に加熱することが重要です。
 焼肉やバーベキュー等、自分で肉を焼きながら食べる場合も、十分加熱し、生焼けのまま食べないようにしましょう。
 特に、若齢者、高齢者、抵抗力が弱い方は、重症化することがありますので、生肉や加熱不十分な肉料理を食べないようにしましょう。

腸管出血性大腸菌感染症リーフレットのダウンロードはこちら

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

稲美町 健康福祉部 健康福祉課
健康推進係 電話 : 079-492-9138 ファックス : 079-492-8030
E-mail: kenko-h@town.hyogo-inami.lg.jp

腸管出血性大腸菌感染症(O157等)に注意しましょう!への別ルート