ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

特別職報酬等審議会(平成18(2006)年度)の概要

[2010年3月1日]

 「特別職報酬等審議会」とは、町長、助役及び教育長と議会議員の報酬等について、その水準が適正であるかについて話し合うための審議会です。
審議会は、町内の公共的団体等の代表者や住民の代表者など、7名の委員で構成されます。
報酬等の水準を審議するにあたっては、
1.現在の社会経済情勢
2.町の財政状況
3.消費者物価指数の水準
4.町の一般職員の給与水準
などが考慮されます。

 稲美町では、2年に1度開催されることが通例でしたが、現在の厳しい財政状況や社会経済情勢の流れに対応するため、平成14年度から5年連続で開催されています。
平成16年度から18年度にかけては、町長、助役及び教育長の給料月額について、それぞれ10%、8%、8%減額するべきとの答申を受け、町では平成16年4月1日から平成19年3月31日の間、答申どおりそれぞれ給料月額を減額しました。

 今年度は平成19年1月22日に審議会が開催され、下のとおり答申を受けました。

◇平成18年度の答申の概要
 町長、助役及び教育長の給料月額について、平成16年4月1日から実施している減額措置について、減額率を見直したうえで平成19年4月1日から平成20年3月31日の間についても継続すること。
 減額率については、下記のとおりとすることが適当である。

 

給料月額について
 H18年度 答申(参考) 諮問
町長の給料月額756,500円(引き下げ率:15%)712,000円(引き下げ率:20%)
助役の給料月額657,000円(引き下げ率:10%)657,000円(引き下げ率:10%)
教育長給料月額634,800円(引き下げ率:8%)621,000円(引き下げ率:10%)

お問い合わせ

稲美町 経営政策部 総務課
電話:(人事係)079-492-9131 ファックス: 079-492-5162
E-mail: soumu@town.hyogo-inami.lg.jp