ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

イエローカード作戦 ~犬のふん放置をなくそう!!~

[2010年5月7日]

家族の一員である愛犬たち。しかし、一部の飼い主がルールを守らず、犬のふんの放置があとを絶ちません。家の前や散歩中にふんがあると嫌な気持ちになるだけでなく、地域の環境を損ね、衛生面でも悪影響を及ぼします。

町では犬のふんの放置をなくす対策として、「イエローカード作戦」を実施しています。地域が一体となって、犬のふん放置の撲滅に取り組みましょう。

イエローカード作戦とは

放置されたふんのそばに自治会名(または団体名)と町の連名の「犬のふん放置禁止!」と書かれた黄色いカードを置いていくことにより、「地域ぐるみの取り組みである」「他人の目がある」「ふんの放置は許さない」という地域の態度を飼い主に認識させ、ふん放置の一掃をめざします。
イエローカード

効果

すでにイエローカード作戦に取り組んでいる他の自治体の事例では、実施団体の約8割が「効果があった」と回答し、ふんの減少割合は「50~74%」が最も多くなっています。

町では、平成21(2009)年9月から加古大池で実証実験を行っていますが、現在までにふんの放置件数は4分の1程度にまで減少しています。

実施の流れ

  1. 放置されている犬のふんを発見したら、その横にイエローカードを設置します。
  2. 定期的(1週間ごとを目安)に巡回し、新しいイエローカードを設置します。
  3. 設置したイエローカードとふんを1ヵ月ごとにすべて回収します。
  4. 回収したイエローカードの数を集計表に記入します。

「協働」で推進

この活動は、取り組みを希望する自治会(または団体)と町が「協働」で行います。

(強制的な取り組みではありません)

自治会(または団体)では・・・

  • イエローカードの設置と回収
  • ふんの回収(イエローカード設置場所からごみステーションへ)
  • 町へ実績を報告

町では・・・

  • イエローカード、啓発ポスターの作成と配付
  • 回収したふんの処理(可燃ごみとして焼却)
  • 制度の啓発、環境出前講座で実施方法の説明

環境出前講座の活用

環境出前講座に「犬のふん放置をなくすイエローカード作戦の進め方」の講座メニューを設けています。イエローカード作戦の実施方法や取り組みの現状などについて、職員等が地域に出向いて説明しますので、ぜひ活用してください。

協力団体を募集します

イエローカード作戦の取り組みを希望する自治会(または団体)は、生活環境課までお申込みください。内容など不明な点があればお問い合わせください。

お問い合わせ

稲美町経済環境部生活環境課

電話: (環境係)079-492-9140

ファックス: 079-492-7792

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム