ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

8月1日からバス・タクシー券の申請を受け付けています

[2019年8月1日]

8月1日から新しいバス・タクシー券の申請を受け付けています

8月はバス・タクシー券の更新月です。

下記にあてはまる人は、8月1日から使用できる新しいバス・タクシー券をお渡ししますので、下記の申請窓口で手続きをお願いします。

 なお、有効期限が経過したバス・タクシー券をお持ちの場合は、申請時に返還をお願いします。

対象者

75歳以上の人で、居宅において外出時にバス・タクシーの利用を必要とする人

※後期高齢者医療保険における現役並み所得者(自己負担割合が3割の人)は対象となりません。

【注】有効期限が2020年3月31日のバス・タクシー券をすでにお持ちの人は、重複して交付できませんのでご注意ください。

手続き

受付開始

令和元(2019)年8月1日(木)  から

申請窓口

役場新館1階ロビー特設窓口(土・日・祝除く)

※令和元(2019)年8月13日火曜日以降は健康福祉課窓口でお渡しします。

必要なもの

後期高齢者医療被保険者証、印かん

※有効期限が令和2(2020)年7月31日の保険者証をお持ちください。


代理の人による申請

ご家族など代理の人による申請もできます。

代理の人による申請の場合は、本人(対象者)の後期高齢者医療被保険者証と印かん、代理の人の本人確認ができる書類(運転免許証、保険証など)、 委任状欄への記入が必要です。

また、代理の人が本人(対象者)と同一世帯でない場合、バス・タクシー券は後日郵送となります。

助成額(1カ月あたり)

・バス券・・・・・・300 円×月 4 回分×1.1(割増分)

  または

・タクシー券・・・・650 円(中型車初乗運賃)×月 4 枚

※バス券とタクシー券の組み合わせも可能です。

※申請月によってお渡しできる枚数が異なります。

有効期限

令和元(2019)年8月1日木曜日~令和2(2020)年7月31日金曜日

申請書様式

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

よくあるお問合せ

Q.どのような人が対象になりますか?

A.年齢によって対象要件が異なります

  ・65歳以上75歳未満の人は町民税非課税世帯に属する人

  ・75歳以上の人は後期高齢者医療保険制度1割負担の人です。

  所得要件を満たしたうえで、外出時にバス・タクシーの利用を必要とする人はお手続きください。


Q.対象者とならない「現役並み所得者」とは具体的に?

A.後期高齢者医療被保険者証の負担割合の欄が3割の人です。 負担割合の確認のため、申請の際は必ず保険者証をお持ちください。


Q.夫婦で対象となる場合、それぞれで申請できますか?

A.はい。バス・タクシー券は個人に対して交付するものですので、ご夫婦で対象となる場合、それぞれで申請いただけます。


Q.対象者に対して個別に通知は行われますか?

A.個別に通知は行っておりませんので、広報等をご覧いただき、対象となられる人は窓口での申請をお願いします。


Q.1度申請すれば、新しい年度のバス・タクシー券について連絡がありますか?

A.個別に通知や郵送は行っておりませんので、有効期限終了後、窓口での申請をお願いします。


Q.タクシー券は1度に2枚以上使用できますか?

A.タクシー券は初乗運賃を助成するものですので、1回の乗車につき1枚のみの使用となります。


Q.複数人で乗車した場合、人数分のタクシー券を使用できますか?

A.タクシーは個人との契約で運行する公共交通機関ですので、タクシー券をお持ちの人が複数人で乗車された場合であっても、1人分の1枚しかご使用いただけません。


Q.バス券は神姫バスのどの路線で使用できますか?

A.稲美町を発着する便で使用いただけます。


Q.バス・タクシー券を紛失・破損した場合、再発行してもらえますか?

A.紛失した場合の再発行はいたしません。破損については、破損したバス・タクシー券の種類や枚数が判別できれば、新しいものと交換します。

お問い合わせ

稲美町 健康福祉部 健康福祉課
電話: (高齢福祉係)079-492-9137 ファックス: 079-492-8030