ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

急増しています!粗大ごみ!

[2022年4月8日]

ごみの分別をお願いします!

粗大ごみの収集量は年々増加し、令和2(2020)年度の収集量は平成28(2016)年度の約1.5倍に膨れ上がっています。

急増の要因として、まだ使えるものが捨てられていたり、可燃ごみや不燃ごみ、資源ごみが正しく分別されず、粗大ごみとして出されていることが考えられます。

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・タイヤ・消火器・ふとんなどは粗大ごみとして収集できません。

収集できないものを粗大ごみとしてごみステーションへ出すことは、不法投棄となります。不法投棄は法律で禁止されています。

このままでは、粗大ごみの処理費用を皆さんにご負担していただくことも考えられます。今一度、分別の徹底をお願いします。

粗大ごみ収集量の推移のグラフ

平成28(2016)年度には274トンの収集量でありましたが、年々収集量が増加しており、令和2(2020)年度には417トンまで収集量が膨れ上がっています。

テレビが捨てられている様子

テレビやエアコン、冷蔵庫は町では収集できないものです。
購入したお店または買い換えたお店に引き渡してください。

蛍光灯が捨てられている様子

蛍光灯は粗大ごみではありません。
「蛍光灯・乾電池(月1回)」の日に出してください。

粗大ごみを出す前の注意点

  • くり返し使える(リユースできる)ものは、知り合いに譲るかリユース事業者に引き渡す。
  • 45リットルのごみ袋に入るものは粗大ごみとして出さず、可燃ごみや不燃ごみ、資源ごみなどに分別してごみステーションに出す。
  • 粗大ごみとして出すものは、必ず蛍光灯や乾電池を取り外す。

ごみカレンダーやごみ分別アプリ「さんあーる」を確認のうえ、資源化のために正しい分別をお願いします。

お問い合わせ

稲美町経済環境部生活環境課

電話: (環境係)079-492-9140

ファックス: 079-492-7792

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム