ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

軽自動車税環境性能割の創設について

[2019年10月8日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

軽自動車税環境性能割の創設

令和元(2019)年10月1日から自動車取得税(県税)が廃止され、軽自動車税(町税)の「環境性能割」が創設されます。

三輪以上の軽自動車を取得した時に、その軽自動車の燃費基準に応じて課税されます。

現行の自動車取得税と同様に、当分の間、県が賦課徴収を行います。

また、これまでの軽自動車税の名称が「種別割」に変更されますが、車種の区分、税率は変更されません。

環境性能割の税率 (乗用車の例)

軽自動車の取得価額に、下の表の税率を乗じた額が課税されます。
環境性能割の税率表
車種区分通常の税率臨時的軽減後の税率 ※1
自家用営業用自家用
電気自動車・天然ガス自動車 ※2非課税非課税
ガソリン車
ハイブリッド車
※3 
令和 2 年度燃費基準
+10%達成車
非課税非課税
令和 2 年度燃費基準達成車1.0%0.5%非課税
平成 27 年度燃費基準
+10%達成車
2.0%1.0%1.0%
上記以外の軽自動車2.0%2.0%1.0%

※1 令和元(2019)年10月1日から令和2(2020)年9月30日までの間に取得した自家用乗用車に限り、税率が1%軽減されています。

※2 天然ガス自動車は、平成 21 年排出ガス規制に適合し、平成 21 年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物を低減する車両または平成 30 年排出ガス規制に適合する車両に限ります。

※3  「平成 17 年排出ガス基準75%低減達成車」または「平成 30 年排出ガス基準50%低減達成車」に限ります。

◎自動車検査証などに 「平成 32 年度燃費基準」と記載されている場合は、「令和 2 年度燃費基準」と読み替えてください。

お問い合わせ

稲美町経営政策部税務課

電話: (住民税係)079-492-9132 (資産税係)079-492-9133 (収税係)079-492-9165

ファックス: 079-492-7792

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム