ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

新型コロナウイルス感染症に関する情報

[2020年5月26日]

緊急事態宣言が解除されました

 新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言は、5月21日に解除されましたが、引き続き感染拡大防止に向けた取り組みをお願いいたします。

住民の皆様へ

 ●予防対策に取り組みましょう

  手洗いや咳エチケット等の予防対策をお願いいたします。

 ●外出は控えましょう

  感染症の拡大防止のため、不要不急の外出は控えるようにお願いいたします。

 ●「三つの密」は避けましょう

  「三つの密(密閉空間・密集場所・密接場面)」を避けることで感染リスクを回避することができます。


4月22日、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が、現状の状況分析を行い、「人との接触を8割減らす、10のポイント」を公表しました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、できることから取り組みましょう!!

マスクがない場合に自作する方法が紹介されています。下記のリンクを参考にしていただき、感染拡大防止にお役立てください。

マスクを作りたい!(文部科学省ホームページ)(別ウインドウで開く)

新型コロナウイルス感染症に便乗した詐欺や悪徳商法にご注意ください

新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、詐欺や悪質商法などの発生が懸念されます。

詳しくは、下記のファイルをご覧ください。

町内の新型コロナウイルス感染症に関する情報

 4月23日、稲美町内で5例目の新型コロナウイルス感染症の患者の発生が確認されました。

 詳しくは、下記のファイルをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症について

電話相談窓口について

電話相談窓口等

相談窓口

受付時間

電話番号

厚生労働省

9時~21時

0120-565-653

兵庫県コールセンター

24時間受付

078-362-9980

聴覚に障害のある人をはじめ、電話でのご相談が難しい人へ

 ファックスをご利用いただくか、一般社団法人全日本ろうあ連盟ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

 ファックス番号:03-3595-2756

感染症情報のLINE公式アカウント

  • 友達追加はこちらから

  https://lin.ee/qZZIxWA

  • QRコードはこちらから

帰国者・接触者相談センターの設置について

 兵庫県では令和2(2020)年2月7日より、新型コロナウイルス感染症に関する「帰国者・接触者相談センター」を設置しています。

 下記に該当する人は、医療機関を受診する前に、帰国者・接触者相談センター(加古川健康福祉事務所)に電話連絡し、受診する医療機関についてご相談ください。

 帰国者・接触者相談センター(加古川健康福祉事務所)

 電話番号:079-422-0002

 時間:平日9時~17時30分

 ※休日及び夜間(17時30分~翌9時)は兵庫県コールセンター:078-362-9980

相談対象者

 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(高齢者や糖尿病、心不全、呼吸器疾患等の基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。)

※なお、以下の人は重症化しやすいため、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合は、すぐにご相談ください。

  • 高齢者
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある人
  • 透析を受けている人
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている人

(妊婦の人)

 妊婦の人については、念のため、重症化しやすい人と同様に、早めにご相談ください

(お子様について)

 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください



お問い合わせ

稲美町新型コロナウイルス感染症対策本部
経済環境部 危機管理課
電話:079-492-9168 ファックス: 079-492-7792