ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

高齢者優待利用券(バス・タクシー券、はり・きゅう・マッサージ券)の申請を受け付けています 

[2021年8月1日]

バス・タクシー券

高齢者の生活行動範囲の拡大と社会参加を支援するため、バス・タクシー券を交付しています。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送でも申請を受け付けています。郵送をご希望の場合はご連絡ください。

※申請月によってお渡しできる枚数が異なります。

対象となる人

(1)稲美町に住所のある65歳以上75歳未満の人で、下記の両方にあてはまる人

 (1)令和2(2020)年度の住民税非課税世帯の人(同じ世帯の人全員が非課税)

 (2)自宅で生活しており、外出時にバス・タクシーの利用が必要な人

 (利用券の有効期限は令和3(2021)年4月1日から令和4(2022)年3月31まで)

(2)稲美町に住所のある75歳以上の人で、下記の両方にあてはまる人

 (1)後期高齢者医療保険1割負担の人

 (2)自宅で生活しており、外出時にバス・タクシーの利用が必要な人

 (利用券の有効期限は令和3(2021)年8月1日から令和4(2022)年7月31日まで)

利用券の種類と交付枚(冊)数

◎バス・・・1カ月あたり1冊(1,320円分相当)の回数乗車券。利用は稲美町発着の神姫バスに限ります。

◎タクシー・・・1カ月あたり660円×4枚(2,640円分)。利用は町と契約しているタクシー会社に限ります。


はり・きゅう・マッサージ券

令和3(2021)年4月1日から利用可能な「はり・きゅうマッサージ券」を申請により交付しています。

対象となる人

稲美町に住所のある65歳以上の人

助成内容

1枚あたり助成額が1,000円の利用券を年間12枚発行します(利用券の有効期限は令和3(2021)年4月1日から令和4(2022)年3月31日まで)。

利用券は1,000円以上の施術1回につき、1枚のみ利用できます。利用券との差額は、現金でお支払いください。

利用券の使用は町と契約している施術所に限ります。

※各種保険診療による治療(保険証を使った施術)の場合は使用できません。


申請方法など

申請者本人が窓口に来られる場合

印かん(自署できない場合)と本人確認ができる書類(免許証、保険証など)をお持ちのうえ、健康福祉課窓口で申請してください。

利用券をその場でお渡しします。

お忘れの場合はお渡しできませんのでご了承ください。

 

代理の人が窓口に来られる場合

申請者本人が記入・押印した申請書(あらかじめ申請書の委任欄に代理人を記入しておいてください。)と代理人の本人確認ができる書類(免許証、保険証など)をお持ちのうえ、健康福祉課窓口で申請してください。

申請後、利用券を申請者本人の住所地に郵送します

 

申請書

バス・タクシー券に関するよくあるお問い合わせ

Q.夫婦で対象となる場合、それぞれで申請できますか?

A.はい。バス・タクシー券は個人に対して交付するものですので、ご夫婦で対象となる場合、それぞれで申請いただけます。


Q.タクシー券は1度に2枚以上使用できますか?

A.1回の乗車利用額が1,320円未満の場合は1枚、1,320円以上の場合は2枚まで使用できます。


Q.複数人で乗車した場合、人数分のタクシー券を使用できますか?

A.タクシーは個人との契約で運行する公共交通機関ですので、タクシー券をお持ちの人が複数人で乗車された場合であっても、1人分しかご使用いただけません。


Q.バス・タクシー券を紛失・破損した場合、再発行してもらえますか?

A.紛失した場合の再発行はいたしません。破損については、破損したバス・タクシー券の種類や枚数が判別できれば、新しいものと交換します。

お問い合わせ

稲美町 健康福祉部 健康福祉課 高齢福祉係
電話: 079-492-9137 ファックス: 079-492-8030