ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免について

[2021年10月29日]

新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により収入の減少が見込まれ、それぞれの基準に該当する場合は、申請により保険料の全部または一部を減免します。まずは税務課住民税係まで、お電話でご相談ください。

減免対象者

1、新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った被保険者の人

2、新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の給与収入、事業収入、不動産収入または山林収入(以下「事業収入等」という。)の減少が見込まれ、次の(ア)~(ウ)までの全てに該当する被保険者の人

世帯の主たる生計維持者について

・(ア)令和3(2021)年の事業収入等のいずれかの減少額が令和2(2020)年の当該事業収入の3割以上であること

・(イ)令和2(2020)年の合計所得金額が1,000万円以下であること

・(ウ)減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の令和2(2020)年の所得の合計額が400万円以下であること

※令和2(2020)年度相当分の保険料については、(ア)に記載の「令和3(2021)年」は「令和2(2020)年」に、(ア)、(イ)、(ウ)に記載の「令和2(2020)年」は「令和元(2019)年」になります。

減免の対象となる保険料

1、令和3(2021)年度相当分の保険料(令和3(2021)年4月1日から令和4(2022)年3月31日までの間に納期限が設定されているもの)

2、令和2(2020)年度相当分の保険料(令和2(2020)年度末に資格を取得したこと等により、令和3(2021)年4月1日から令和4(2022)年3月31日までの間に納期限が設定されているもの)


減免額の計算方法

1、新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った被保険者の人・・・全額免除

2、新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれ、減免対象者の(ア)~(ウ)までの要件全てに該当する被保険者の人・・・下記の対象保険料額に表1の減免の割合を乗じた額


対象保険料額=A×(B÷C)

A 同一世帯に属する被保険者について算定したそれぞれの保険料額 

B 減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)  

C  被保険者の属する世帯の主たる生計維持者および当該世帯に属する全ての被保険者につき算定した前年の合計所得

表1
世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額 減免の割合 
     300万円以下であるとき10分の10
     400万円以下であるとき

10分の8

     550万円以下であるとき10分の6
    750万円以下であるとき10分の4
        1,000万円以下であるとき10分の2

申請に必要なもの

・後期高齢者医療保険料減免申請書

・収入申告書

・主たる生計維持者の収入状況が確認できる書類(給与明細、帳簿の写しなど)

※令和2(2020)年度相当分と令和3(2021)年度相当分を申請する場合は、それぞれの年度ごとに申請書を提出する必要があります。

郵送での減免申請について

申請については、新型コロナウイルス感染症拡大防止・窓口混雑緩和の観点から、郵送での提出にご協力をお願いします。

郵送で減免申請をされる場合は下記のPDFファイルをダウンロードしてご利用ください。ダウンロードできない場合は税務課住民税係へご連絡ください。申請書等を送付します。

郵送・問合先

〒675-1115

兵庫県加古郡稲美町国岡1丁目1番地

稲美町役場 税務課 住民税係

電話:079-492-9132

申請書等のPDFファイル

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。