ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

マムシやヤマカガシにご注意を!!

[2018年6月5日]

マムシやヤマカガシにご注意を!!

最近、町内においてマムシの目撃が寄せられています。

見かけた場合は、近づかないように注意してください!!

マムシ写真

マムシ

ヤマカガシ写真

ヤマカガシ

ヘビを見かけた場合

通常は、しばらくするとエサを求めるなどして別の場所に移動しますので、ヘビを見かけても騒いだり、捕まえようとしたりせず、刺激を与えないようにしてその場所を離れてください。

ヘビの駆除について

自宅の庭などにヘビがいるので駆除して欲しいというご相談をいただくことがあります。

アオダイショウやヤマカガシ、マムシなどのヘビは、もともと自然界に生息している野生の生物であり、町では駆除は行っておりません。

なお、どうしても駆除したい場合は、直接、駆除業者や下記の協会へ依頼するなど相談をしてください。(駆除料金は自己負担となります。)

一般社団法人兵庫県ペストコントロール協会

一般社団法人兵庫県ペストコントロール協会

〒650-0025

兵庫県中央区相生町5-12-18柳ビル3階

フリーダイヤル:0120-76-2633 

電話:078-576-2633

・兵庫県ペストコントロール協会は、昭和41年に兵庫県におけるねずみ・衛生害虫等の防除業者の任意団体として発足し、昭和47年から公益社団法人日本ペストコントロール協会の兵庫県支部として活動しています。

マムシにかまれてしまったら

マムシにかまれてしまったら

  1. かまれてしまったら、あわてず安静にしてください。(あわてて走ったり、激しく動くと毒が体内で早くまわるので危険です。)
  2. かまれた傷口より心臓側を布などであまり強くない程度で縛ってください。縛るものがなければ、かまれた部分は心臓の高さよりも下にしてください。(毒の広がりを防ぐ目的です。)
  3. 傷口から毒を吸い出す応急処置ができれば後々の治療効果は大きいですが、知識のない人による「切開・毒素の吸引」は行わないでください。
  4. ヘビの種類を確認してください。(治療の判断に必要ですので、落ち着いてかんだヘビを観察し、特徴をよく覚えておきましょう。かまれた時間や状況を説明できるように覚えておいてください。)
  5. これらの処置を行っている間に、119番通報で救急車を要請するか、医療機関に処置報告して速やかに医師の診断・治療を受ける段取りをしてください。

対応可能な医療機関

マムシにかまれた場合に対応可能な医療機関

※加古川市消防本部より情報提供

  • 私立稲美中央病院(電話:079-492-3812)
  • 兵庫県立加古川医療センター(電話:079-497-7000)
  • 加古川中央市民病院(電話:079-451-5500)
  • 甲南加古川病院(電話:079-438-0621)
  • 順心病院(電話:079-437-3555)


なお、血清の有無については、ご自身で確認をとってから受診してください。


お問い合わせ

稲美町経済環境部生活環境課

電話: (環境係)079-492-9140

ファックス: 079-492-7792

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム