ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

乳幼児への任意予防接種費用の助成を拡充しています!

[2019年4月1日]

平成31(2019)年4月2日以降に生まれた方を対象に任意予防接種費用の助成を拡充しています

 子育て家庭を支援するため、平成31(2019)年4月2日生まれ以降に生まれた方から、次のとおり助成を拡充しています。

 対象者には、生後2か月になる前に予防接種手帳と予防接種券とともに、任意予防接種助成券を送付します。

 


助成内容

1人あたりの助成
対象の予防接種 ロタウイルス おたふくかぜ 季節性インフルエンザ 
助成の対象年齢 

生後6週~32週未満

※ロタワクチンによって異なります 

1歳~4歳未満生後6か月~4歳未満
 助成額2,000円2,000円2,000円
 助成回数1回限り1回限り 1回限り 

※還付(償還払い)は行いませんので、接種の際には助成券を忘れずにお持ちください。

接種できる医療機関

稲美町・加古川市・播磨町の協力医療機関

※協力医療機関以外では、助成できません。

協力医療機関一覧表

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

接種方法

協力医療機関に予約を入れ、助成券に記載されている有効期間内に医療機関にて接種を受けてください。

予診票は医療機関備え付けのものをご使用ください。

接種時に必要なもの

  • 稲美町任意予防接種助成券
  • 健康保険証
  • 母子健康手帳

注意事項

ロタウイルスワクチン、季節性インフルエンザワクチン及びおたふくかぜワクチンは任意接種(保護者の判断で接種するかどうかを決めるもの)に位置づけられています。

接種を希望される保護者は、予防接種手帳と一緒にお配りしている説明書をよくお読みになって、病気やワクチンのこと・副反応をご理解いただき接種してください。

※平成31(2019)年4月1日までに生まれた4歳未満の方(旧助成券をお持ちの方)は、ロタウイルス・おたふくかぜ・季節性インフルエンザのいずれか1つに限り2,000円を助成しています。助成券の有効期限までに接種を受けてください。

健康被害救済制度

予防接種法に基づかない任意の予防接種により健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度(別ウインドウで開く)の適用を受けることとなります。

ただし、稲美町が行政措置として実施する予防接種により健康被害が生じた場合には、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度に加え、稲美町予防接種事故災害補償規程の対象となります。

お問い合わせ

稲美町 健康福祉部 こども課
電話: (育児支援係)079-492-9154 ファックス: 079-492-8030
*健康被害救済制度に関するお問い合わせは健康福祉課健康推進係
電話: (健康推進係)079‐492‐9138