ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

稲美町産後ケア事業をご利用ください!

[2021年8月20日]

産後ケア事業について

 出産後に、家族などから家事や育児の支援が受けられず、健康面や育児に不安があるお母さんを対象に、出産後のお母さんと赤ちゃんの新生活を支援するため、「産後ケア事業」を実施しています。

 ひとりで悩まず、気軽にご相談ください。

利用できる人

 次の1~3のすべてに該当する人

  1. 稲美町に住民登録のあるお母さんと1歳までの赤ちゃん
  2. 家族などから家事や育児などの十分な支援が受けられない場合
  3. お母さんが健康面や育児に対して不安がある場合

※医療行為が必要な人は利用できません。

例えば・・・産後、体力が十分に回復していない、赤ちゃんの成長が心配、授乳に困っている、日中、赤ちゃんと二人きりで不安、沐浴に自信がない など

ケアの内容

  • お母さんの心身の健康管理と生活に関する相談
  • 乳房のケアや相談
  • 赤ちゃんの発育や発達、栄養方法の確認
  • 沐浴や授乳等の育児に関する相談、指導 など

利用できるサービスの種類・料金・期間など

利用できるサービス
種類

利用料

 ※多胎児の場合は( )の料金となります

利用できる期間
一般世帯 町民税非課税世帯 生活保護世帯
宿泊サービス 1日

3,450円(4,000円)

2,300円(2,650円) 1,150円 それぞれ
7日以内
通所サービス 1日 2,100円(2,500円) 1,400円(1,650円) 700円
半日

1,350円(1,600円)

900円(1,050円) 0円
訪問サービス 1日 1,350円 900円 0円

※実施機関により別途必要経費がある場合は、実費負担となります。

※宿泊サービス、通所サービス(1日)は、食事の提供があります。

※夫や上のお子様の受け入れについては、稲美町すくすく子育てサポートセンター(079-492-9154)にお問い合わせください。

宿泊サービス、通所サービスについて

利用料金に含まれるもの

  • 食費
  • 光熱水費
  • 母子の寝具、哺乳瓶の消毒、衣類の洗濯に要する費用

哺乳瓶の消毒、衣類の洗濯は、利用施設により異なりますので、利用時にご確認ください。

利用施設により、別途必要経費がある場合は、実費負担となります。

利用の際に準備するもの

  • 健康保険証
  • 母子健康手帳
  • 着替え
  • 洗面用品
  • ナプキン
  • タオル
  • 赤ちゃん用品(ベビー服、紙おむつ、おしりふき、必要に応じて哺乳瓶、粉ミルク)

上記以外で必要なものは、直接利用施設にご確認ください。

利用施設

利用できる施設
 施設名 受けられるサービス住所 
奥産婦人科(別ウインドウで開く)宿泊、通所加古川市加古川町木村700-1
関島産婦人科医院宿泊、通所加古川市加古川町粟津462-1
矢野産婦人科医院(別ウインドウで開く)宿泊、通所加古川市西神吉町岸152-2
ちくご・ひらまつ産婦人科(別ウインドウで開く)宿泊、通所加古川市加古川町中津230-1
加古川中央市民病院(別ウインドウで開く)宿泊、通所加古川市加古川町本町439
明石医療センター(別ウインドウで開く)宿泊、通所明石市大久保町八木743-33
姫路聖マリア病院(別ウインドウで開く)宿泊、通所、訪問姫路市仁豊野650
大森産婦人科(別ウインドウで開く)宿泊、通所高砂市伊保港町2-5-17
かたしま・きたうら産婦人科宿泊、通所高砂市米田町米田139-2
野の花助産所(別ウインドウで開く)宿泊、通所神戸市西区玉津町今津667-21
ひなた助産院(別ウインドウで開く)通所、訪問神戸市西区前開南町1丁目3-6
マナ助産院(別ウインドウで開く)宿泊、通所神戸市北区ひよどり台2丁目30-6
まつだ助産院(別ウインドウで開く)宿泊、通所、訪問加西市福住町749
なおみ助産院(別ウインドウで開く)通所、訪問三木市久留美1789
みそら助産院(別ウインドウで開く)通所、訪問高砂市米田町塩市1-14
  • 利用施設については、希望をお聞きした上で調整をさせていただきますが、急な分娩などで利用施設のベッドが満床になった場合など、ご希望に添えない場合があります。ご了承ください。
  • 宿泊サービス、通所サービスは、基本は母子同室ですが、静養のため別室で赤ちゃんを預けることもできます。申請時にご相談ください。

利用の流れ

  1. 利用を希望する人は、事前にこども課にご相談ください。妊娠中から相談できます。
  2. 出産後に、こども課に申請してください。申請に際し、担当者がご家庭を訪問させていただくか、こども課に来庁いただいて、状況をお聞きします。
  3. 利用決定後「稲美町産後ケア事業利用承認通知書」を送付します。
  4. 承認通知書の内容で産後ケアを利用いただけます。

申請に必要なもの

  • 稲美町産後ケア事業利用申請書兼情報提供同意書
  • 母子健康手帳

※今年の1月2日以降に転入された人は、所得課税証明書が必要な場合があります。

稲美町産後ケア事業利用申請書兼情報提供同意書

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

相談窓口・問合先

 稲美町子育て世代包括支援センター「すくすく子育てサポートセンター」  

 (稲美町役場 こども課内)   電話:079-492-9154(直通) 

産後ケア事業のチラシ